ヴォーリズ山荘で庭園開拓のボランティア

六甲山小学校の近くに、ヴォーリズ山荘があります。

山荘の横に庭園にする予定の土地があり、その開拓作業を手伝っています。

6月22日、小学校のお友だち(ママと子ども3人)連れ、庭園開拓のボランティアに参加しました。

山荘を管理する「NPO法人アメニティ2000協会」は、庭園として公開するため、何年も放置されたままの森を、人力で整備しています。

今日は、子どもたちもスコップを持ち、小道の整備や新たに植木を植え替えたり、色々とお仕事をしました。

最初は楽しく作業を手伝っていましたが、午後からは飽きて、森で勝手に遊びだしました。

木に登ったり、ツルにぶら下がってターザンごっこをしたり・・・。

昨年秋、初めてこの野生あふれるお庭に入った時、子どもたちが遊んだら楽しいだろうな。そんなふうに考えていました。

こんな形で現実化し、とてもうれしくなりました。

ケガをしないように、見守りながら。でも思い切り遊んでほしい。

マンションの近くでは、木に登ったり、立ち入り禁止の区域に入っていく子どもたちを見つけます。木に登るのはこっそり黙認。でも立ち入り禁止区域に入って行くのは、注意します。

近くに、こんな楽しい場所がいっぱいあるので、ちょっと足をのばして、来てほしいな。そんな活動を少しずつやっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です